ホームへ戻る

ちいさな樹木葬とは


※写真は、当家の墓所

散骨は、節度をもって行う限り違法性はありません。ただ、地域住民との軋轢のもととなりやすいので、 条例で禁止している自治体もあります。

また、樹木葬は「散骨」ではなく、「埋骨」(遺骨の埋蔵)なので、これは墓所でないとできません。
樹木葬をうけおっている業者は、たいていが大きな墓所を保有しております。そして、その分、維持費や管理費がかかり、 料金的にも大きな金額にならざるをえません。

ちいさな樹木葬をおこなうためには、ちいさな墓所が必要なのです。
問題は、そんな都合のよいところがあるのか?ということです。

みなさまは、地方都市などに行かれた際に、集落のはずれにポツン、 ポツンと不自然な感じにお墓が建っているのを見かけたことはありませんか?
あれは、かつては墓所も個人所有のものだった名残りとして残っているものです。
古くは集落のはずれに一族の墓を持ち、そこに埋葬していたのです。もちろん、いまでも続いている地域も多々あります。

わたしも、葬儀や戒名のことに気になりだした年齢となり、それにともないお墓のことも気にかけていました。
そして、その旨を両親に伝えると、なんと我が家にもそのような、自分の家の墓所があるということを聞かされました。
※とはいうものの、言われてみれば、子どもの頃、そこの草むしりなどをしたことを、なんとなく思い出した次第です…

そうなのです。こんな身近に「ちいさな樹木葬」を行える墓所があったのです。

ちいさな樹木葬 というわけで、当家の墓所をみなさまのお役に立てるように、整備・管理しつつ、ちいさな樹木葬を利用していただきたいと考えております。

ちいさな樹木葬の場所とご利用料金 へすすむ

と、その前に以下の「手元供養」におすすみください。
※写真は、当家の墓所

手元供養というかたち

みなさまは「手元供養」という新しい遺骨供養のかたちをご存知ですか?

手元供養とは、お骨をお墓に納骨したり、散骨するのではなく、お手元においておくことです。
遺骨は49日までに納骨しなければいけないのでは?と思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、納骨にかんして、法律ではなんら規定はありません。つまり、遺骨をずっと手元に留めておくことに、なんら問題はないのです。

とはいうものの、現実の問題として、大きな骨壷は、結構場所をとります。

そこで今では、遺骨を分骨することがおおいようです。
ちいさな骨壷に、遺骨の一部、多くは「喉仏」といわれている「第二頸椎」を残しておくようです。
※たいがい、骨壷の中の一番上に、ちょこんと置いてある立派な見栄えの骨です。

手元供養のよいところは、なんといっても、お墓参りの必要がないことです。 仏壇や尉霊スペースにお骨があるので、わざわざお墓に行くまでもなく、供養は毎日でもできます。

また、散骨などと合わせて利用されている方も多いようです。
手元で簡単に供養ができるというほかに、のちのち仮にお墓を購入した場合でも、お骨は残っています。その際に問題なく 納骨できるというのも利点です。
手元供養とは、リーズナブルであり合理的であり、実に現代的な供養のあり方なのです。

ということで、「ちいさな樹木葬」でも手元供養をお薦めしております。

ご遺骨の一部は、ご遺族さまの手元で供養し、他のご遺骨は、当方で責任もって大切に供養させていただきます。

ちいさな樹木葬 イチョウ ※イチョウ

ちいさな樹木葬 さるすべり ※サルスベリ

ちいさな樹木葬 榊 ※サカキ

ちいさな樹木葬の場所とご利用料金 へすすむ


ホームへ戻る