ホームへ戻る > 家の墓に入らないという選択 > 樹木葬という選択

樹木葬

樹木葬

ひとくちに樹木葬といっても、今ではいろいろなタイプのものがあります。


家墓式の樹木葬

こちらの樹木葬は、墓地内のある区画を買い、そこに墓石のかわりに樹を植えるというものです。
墓石が樹になっただけのお墓と考えてよいでしょう。


合葬墓式の樹木葬

合葬墓式の樹木葬は、墓地内にある樹の下に、遺骨(おおくのの場合は遺灰)を埋蔵するタイプのものです。
永代供養塔や合葬墓の記念塔が、樹になったお墓と考えてよいでしょう。


植樹式の樹木葬

植樹式の樹木葬は、多くは里山保全というかたちで、墓所となっている山の一角を買います。そして、そこに記念の樹を植えるさいに、遺骨を 一緒に埋骨します。
地域の気候やその土地にあった樹ではないと植えられないので、少し注意が必要です。


ホームへ戻る > 家の墓に入らないという選択 > 樹木葬という選択