ホームへ戻る > 家の墓に入らないという選択

家の墓に入らないという選択

かつては、死んで遺骨となったら、自分の家や嫁ぎ先のお墓に入るのが当たり前でした。
なぜ当たり前かというと、皆がそうしていたら、つまり、慣習として当たり前だったのです。
ですから、遺骨をどうするか、どうしなければいけないのか?といったことに、決まりなどありません。

従来通り、先祖代々のお墓に入るもよし、遺骨は散骨をして、自由に海原を漂うのもよいのです。今のところ遺骨のゴールには、以下の やり方が行われています。

家の墓に入る

これは今でも主流かもしれません。先祖代々のお墓に入ったり、ご家族で新たにお墓を購入して、そこに入ったりすることです。
最近では、夫方の墓に入るという形式が、奥様に不評のため、両家の墓としてご用意されているお墓も少なくありません。

また、本来お墓は本家のものしか入れませんでした。しかし、本家や分家などの意識が薄れた今日では、 家族全員が入るためのお墓というかたちのお墓も多くなりました。 また、従来の墓地の上に墓石をおき、その下で遺骨を供養する、といったものではなく、ロッカー形式の納骨堂なども多種多様に現れてきました。


永代供養墓

本来お墓の管理は、遺族や残った近親の家族の仕事です。しかし、お墓の承継者不足や若者の田舎腫れなどで、お墓を管理するのにひと苦労する 時代になりました。
そのような中で、永代供養墓という承継者のいらないお墓が誕生しました。

※詳しくは→  永代供養墓


合葬墓(がっそうぼ)

合葬墓は、いわばお墓のアパートのようなものです。持ち家とアパートを比べるとわかりますが、料金的には合葬墓の方がお安くなります。
形式は永代供養墓と、ほぼ同じものが多いようです。仏教式のものを「永代供養墓」と呼ぶのに対し、宗教色のないものを「合葬墓」と 呼ぶことが多いです。

※詳しくは→  合葬墓


本山納骨

今でも多くの場合は、お寺にあるお墓に遺骨を納骨します。そのお寺は、浄土宗、浄土真宗、日蓮宗、曹洞宗など、必ずどこかに属している お寺です。(※どこにも属していない宗教法人のお寺もあるので注意)
意外に知られていないのですが、遺骨は、その大元のお寺に納骨することができるのです。

※詳しくは→  本山納骨


樹木葬

墓石のかわりに木を植える植樹葬から、桜の樹のしたで眠る、サクラの樹木葬までいろいろあります。

※詳しくは→  樹木葬


手元供養

お墓離れの一番のポイントは、お墓の管理とお墓参りの大変さでしょう。
そういった事情も手伝って今日では、自宅に遺骨をおいたままにしておく、手元供養というものが流行っております。

※詳しくは→  手元供養


散骨

死んだら葬儀もいらない、骨は適当に処分してくれ、という現実主義の人に、とても重宝されているのが散骨です。
節度を持っておこなう限り、私有地ならびに公有の場所における散骨行為は、違法ではありません。

※詳しくは→  散骨


ホームへ戻る > 家の墓に入らないという選択