ホームへ戻る > 家の墓に入らないという選択 > 合葬墓という選択

合葬墓(がっそうぼ)


※写真は 合葬墓 「久遠」

合葬墓(がっそうぼ)とは

家族単位ではなく、広く共同に利用するお墓のことです。 骨壷(箱)単位で収納するところと、骨壷(箱)から開けて、故人を特定できない形で収納するケースとがあります。
「永代供養墓」は仏教的表現ということで公営や民営では「合葬墓」と言うことが多いようです。

「永代供養墓」の場合は、ほとんどが寺院付の集合墓です。「合葬墓」の場合は、宗教とは関係していませんので、誰かがかわって 供養をするということはありません。その点は、注意が必要かもしれません。


ホームへ戻る > 家の墓に入らないという選択 > 合葬墓という選択