ホームへ戻る > 家の墓に入らないという選択 > 永代供養墓という選択

永代供養墓

承継者のいらないお墓

永代供養墓
※写真は、静岡の禅寺 秘在寺

通常のお墓は、家族が管理するものです。そうして、家族が代々、承継していくものでした。 しかし、今日では、承継者不足の問題は深刻です。
また、いくらお墓がほしくても、次代の承継者がいない場合は、お墓を売ってくれない場合が多いです。

そのような中、承継者のいらない「永代供養墓」というお墓が登場しました。
墓地の管理者が、「永代」にわたり、お墓を守り、供養してくれるのです。


個別墓タイプ

お墓を建てるとき、その墓所を買います。そのため、そこの墓所が買った人のものになっているような錯覚に陥りますが、違います。
買っているのは、土地ではなく、土地の所有権です。ですから、管理費が滞れば、墓所のほんとうの所有者のもとにかえることになります。

現存の家墓でも、管理費の納付が長年滞りますと、無縁墓とします。遺骨を他へ移し、更地にして、他の希望者に売るのです。 これは、とくに違法でもなんでもありません。

個別墓タイプの永代供養墓の場合は、一括である年限の管理費を払い、期限がきたら、管理者に墓所をかえす、といった有限墓の制度です。


共同墓タイプ

永代供養墓の主流はこちらです。大きめの慰霊の塔や大きなお墓の下で、同宗旨宗派の他の信者さんたちと眠ることになります。
個別墓タイプの永代供養墓の期限が切れた場合、多くはこちらの合葬式のお墓に移されます。


永代供養墓の料金

30〜50万円くらいが相場です。


ホームへ戻る > 家の墓に入らないという選択 > 永代供養墓という選択